What's New

What's New

生徒の声

学校に行きたい理由は人それぞれ。
本校で学んでいるみなさんの声です。

Feature1

Student Voice

この学校を
選んだ理由について

私は、英数学館岡山校が、静かな所にあること(県の総合グランドが近くにあり、周囲が住宅街)、高校卒業資格を得るためのレポート指導、単位認定試験の対策授業、進路のことなどでも、いつでも相談に乗ってもらえること、いろいろな検定試験にチャレンジできることなど、サポート体制が整っていることが理由で、この学校を選びました。学校は、家から電車に乗ってかなり時間がかかるのですが、毎日ではないので、ほとんど休まず通うことができました。今は、第一志望の大学で、専門の勉強をしています。

静かに勉強できる
学校をさがしてました

私の通っているコースは、生徒が皆、静かに授業を受けるので、落ち着いて勉強ができます。前いた高校は、思っていたのと違って、授業中生徒がおしゃべりなどをして、うるさくて気が散って、勉強に集中できませんでした。だんだん通うことができなくなり、高校を変わりたいと思うようになりました。といっても、静かに勉強でき、転校を受け入れてくれる学校があるのだろうかと思い悩んでいたところ、母が、知り合いから英数学館岡山校のことを聞いて、二人で学校見学に行きました。説明を聞き、授業見学をして、その数日後、ここなら続けられる、自分に合っている、と思い、この学校に決めました。私は、将来やりたいと思っている仕事があるので、卒業したら、進学して、その勉強をするつもりです。

中学から不登校でしたが
今はビジネスウーマンに

中学で不登校だったのですが、高校へ行きたかったので、全日制高校に進学しました。しかし、入学したものの、毎日通うことに慣れていなかったためか、高校でも不登校になってしまいました。朝起きると、あるいは、前日から、緊張して、家を出ることができませんでした。本当は毎日高校に通って、勉強したかったのですが、どうしてもできませんでした。それで、今のままではいけないと思って、インターネットで調べて、英数学館岡山校を見つけました。母といっしょに説明を聞きに行って、少人数の個別学習コースがあることを知って、これなら通学できると思って、入学を決意しました。精神面、体調面で、調子のいいとき、悪いときがありますが、不登校でずっと家にいたときのことを思うと、生活のリズムができて、自分に丁度あったペースで、何とか通うことができました。3年が過ぎ、卒業式で卒業証書がもらえたときは、本当にうれしかったです。その後、グループの大学で心理学を学び、今年就職しました。

学ぶ意味を知って

僕は、どうして高校を卒業しないといけないのか、なぜ勉強しないといけないのか、疑問に感じ、全日制高校をやめました。それでも、高校は卒業しないといけないと言われ、英数学館岡山校に入学しました。「ちょっとやってみる?」と先生に勧められ、学校で受験できるいろいろな検定試験に挑戦してみました。勉強したり、練習したりするうちに、少しずついろいろなことができるようになってきました。級が上がっていくにつれ、「次はこのようなことができるようになりたい」と思うようになり、つまり、学ぶことのおもしろさがわかってきたのです。これは、検定試験だけでなく、英語や数学など、いろいろな科目についても同じことが言えると思うようになりました。そんな中、コンピューターのプログラミングに興味を持つようになり、大学進学を決意しました。先生に相談し、指定校推薦で、希望の大学を受験し合格しました。今は大学も卒業しコンピューターの専門家として働いています。

進学校から
転校してきました

私は進学校から並木学院高校岡山キャンパスに転校しました。高校受験でものすごく勉強して、合格した時は本当に嬉しかったのですが、入学してから、せっかく入った高校なのに、行けなくなってしまいました…。母が心配して、さがしてきたのが英数学館岡山校でした。しばらくしてから、母と相談に行きました。話を聞いて、こういう状態の私でも通えそうだったので、入学を決めました。校外学習も楽しく、仲間もできました。卒業後は進学して、希望の就職ができ、今はバリバリ働いています。

中学を出てからずっと
アルバイトをしてきて

中学を出て、ずっとアルバイトをして来ました。気がついたら二十歳を過ぎていました。世の中のことが少しわかるようになって、今のままではちょっと損をしているような気がしてきました。高卒だと言いたい、高卒だと言ってちゃんと就職したい。この気持ちが日に日に強くなってきたとき、知り合いに、それならこんな学校があるよと紹介されたのが並木学院高校岡山キャンパスでした。今まで学校に行ってなかったので、学校に通って習うことが新鮮です。ここの先生に言われてそう思うのですが、自分のために、自分の未来のために今頑張っている気がします。

この学校に決めた理由を
教えてください

  • 〇静かで落ち着いた学校で、自分に合っていると思った。
    〇先生がやさしそうで、学校の雰囲気がよかった。
    〇体験学習がためになると思った。
    〇静かな所で勉強したかった。
    〇授業の雰囲気が、自分に合うと感じた。
    〇卒業生の兄の話から、良い学校だと思えた。
    〇雰囲気が合っているので。
    〇静かな環境で落ち着いて勉強できるため。
    〇真面目に勉強できるので、自分に合っていると思った。
    〇自分のペースで学習できそうで。
    〇自分にも通えそうな雰囲気だったので。
    〇進路についてじっくり考えることができると思った。

もっと続きを読む

  • 〇落ち着いた雰囲気が自分に合うと思った。
    〇少人数なのと、校外学習が魅力的だった。
    〇転校しても、学校生活にスムーズに慣れると思った。
    〇知り合いの紹介で信頼できると思った。
    〇安心して授業が受けられると思った。
    〇静かに勉強できると思った。
    〇進路指導がしっかりしていると思った。
    〇落ち着いた雰囲気だから。
    〇無理なく、ストレスを感じないと思ったから。
    〇毎日登校しなくてもいいから。
    〇人間関係のトラブルがなさそうだから。
    〇人づきあいが苦手でも通学できると思った。
    〇中学の先生に勧められたから。
    〇少人数だから。
    〇午後のコースがあるから。
    〇勉強が苦手でもやれると思ったから。
    〇兄も卒業したから。
    〇学費の負担を少なくしたくて。
    〇学費を自分で払って通うことができるから。
    〇校則が自分に合っているから。
    〇楽しく送れると思った。
    〇仕事やアルバイトをしながら勉強したいから。
    〇仕事との両立ができるから。
    〇親に勧められたから。
    〇大学進学希望だから。
    〇友だちに聞いて、学習のしかたが自分に合っていると思った。
    〇じっくり勉強に取り組めそうなので。
    〇学校探しをしてくれた父の提案で。
    〇加計グループの大学や専門学校に入りたいから。
    〇自分に合ったペースで学習できるから。
    〇進路や就職を熱心にサポートしてくれると思うから。
    〇親戚の人が良い学校だと勧めてくれて。
    〇姉も在学しており、学習のしかたも自分に合っているから。
    〇卒業した知り合いに勧められて。
    〇担任の先生から紹介されて。
    〇卒業率が高いと思ったから。
    〇不登校でも通えると思ったので。
    〇見学をして授業中の雰囲気が良かったから。
    〇兄の評価が良かったので。
    〇少人数で授業が受けられるので。
    〇体験学習がためになると思ったから。
    〇落ち着いた雰囲気が良かったので。
    など。

Feature2

Message

平成24年度 入学・始業ガイダンス

「新入生にむけてのことば」

平成24年4月24日

平成24年度 個別学習コース 入学ガイダンスで、在校生の代表XWさん(匿名希望)が、新入生に向けてあいさつをしてくれました。
掲載してもいいと許可を得たので、以下、その全文を掲載します。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 今日学校までの道のりをどんな気持ちで来られたでしょうか。期待、不安、それぞれがそれぞれの特別な思いで、入学されたのではないのでしょうか。私もそんな思いでこの学校に来ました。でも、そんな不安は春の風に飛ばして安心してください。私も新年度の不安を飛ばそうと思います。

もっと続きを読む

 これでスタートラインは同じですね。
 さて、並木学院高等学校といえば、ひとつひとつの授業が特徴的です。特に、体育は他の学校ではできないボーリングやスケートがあります。また、昨年はカーリングを体験しました。チームプレイが求められるスポーツでしたが、話したことがない人とも会話が出来、男女共にとても盛り上がりました。また、通常の授業ですが、一人一人にあった授業展開で、単位もこつこつとやっていけば必ず修得できます。
 私は最初通学コースに在籍していましたが、少人数の個別学習コースへ移りました。個別のいいところは、先生と生徒のキョリが近いところです。授業中、最低2回は教室をまわって下さり、わからないところもそのときに解決できます。また、先生が自分のことをちゃんと見てくれているという安心感もあり、個別に移ってよかったなぁと思いました。

 世間では桜が話題になっていますが、並木学院高等学校のエンブレムにはサワグルミの木が使われています。ここで少し、木についてのお話しをしたいと思います。
 樫の木と柳の木という二つの木があります。
 樫の木は大風が吹いても、大雪が降ろうと、その枝に全てを抱え踏ん張って辛抱強く立っています。それは、枝が太く強いからです。一方、柳の木は大風でも大雪でもしなやかに、なめらかに枝を倒し、全てをなかったかのように受け流しています。それは枝が細く、柔らかいからです。
 どちらも辛抱強く立っていますが、樫の木はその枝を折るほどの重荷を抱えてしまい、柳の木は、風にゆれるだけで積もる重さを知らない。
 自分の心の中に、きっと二本の木があると思います。樫の木が多い人、柳の木が多い人。
 2つの木には、それぞれ短所長所がありますが、優劣はありません。ただ、思うことは樫の木は柳の木のように少し流れに身を任せてみて、柳の木は樫の木のように、少し踏ん張ってみる。そうすれば、お互いの木がよりよい木になるのではないかということです。
並木学院高等学校によりよい木が集まり、成長していき、やがては大樹となれるよう一緒に学んでいきましょう。
 私は体調を崩し、休学をしていました。復学した際、先生方や友人がやさしく言葉を掛けて下さり、それが何よりの心の支えになり、同時に何としてでも高校卒業をしてやると強く思いました。私は長い学校生活の中で、初めて学校が楽しいと思えるようになりました。
 大丈夫です。個性たっぷりなこの学校。卒業の時、ここに来てよかったと思えるような時間にしましょう!

 今日からよろしくお願いします。(X.W)

Q&Aサイトマップ個人情報保護方針

並木学院高等学校 岡山キャンパス
学校法人英数学館 英数学館岡山校
〒700-0011 岡山市北区学南町1-9-1
TEL:086-252-6760

©2012 Eisugakkan okayama.